2006年2月24日(金)担当の重安
  
  息子は大喜び  
 
 とうとう金メダルを日本がとりましたね!お昼のニュースで美しいスケートの演技を感激して泣きながら見ました。(二人はプリキュアの最終回でも泣ける女です。) 今日は山口県も暖かで、もうすぐが来ることを実感できます。 そんな本州のはしっこ、山口県にもスキー場があることをご存知でしょうか? 2ヶ所あるのですが、先日、本当の本州の端っこのスキー場、十種ケ峰(とくさがみね)スキー場に生まれて初めて行ってみました。 シゲヤス家のノーマルタイヤでもなんとか着いたスキー場の積雪は、やはり、というか5センチ。子供がそり遊びをするくらいしか積もっていません。もちろん、恐れおおくもいきなりスノボスキーに挑戦するつもりもない私には丁度いい!! レンタルでスキー用のズボンと普通の長靴を借り、早速そり遊びをすることにしました。 しかしそりで遊ぶためには山を登らなければならない・・・逆に転がるように登っていく息子が遠くなっていきます。頂上につくころには意識も薄くなり、やはり冬山は危険だと再認識。何分もかけて登ったのに、降りるときはあっというまじゃん・・・。リフトが動いてれば楽なのに・・・やはり私にはウィンタースポーツはあわないようです。(季節にかかわらず、スポーツは全部苦手なのです・・・) 息子のいっくんはお友達の持っていた「雪玉作り道具」を欲しがり、「ここはともかく、お家にはもうぜーったい雪は降らないから。」という意見も聞かず、(本人曰く、泥んこ遊びにも使うからいいの!だそう。)帰りにヒマラヤに寄らされて購入させられました。 もちろん一度も雪は降っていません。バルタン星人のはさみのように、むなしく空をはさんでいます。 帰ってからもなんとなく心配で毎日ホームページから十種ケ峰スキー場の積雪をチェックしている私。(ちなみに今日は0センチだそう・・・) 年に何日かしかスキーができない十種ケ峰スキー場、がんばれ!! 

 
All Rights Reserved, Copyright(C)ベッド・マットレス専門店 BED!BED!BED! 2004
Window close