2007年01月26日(金)担当の重安
  
  暴風雪警報発令中  
 
 「折角のお正月休み、お金はないけどどこかに行きた〜い!」と読売バス旅行の折込チラシを見ていたら・・・ありました、1泊2日 鳥取砂丘と松葉蟹食べ放題の旅 お一人様 11,111円!! 鳥取砂丘は行ったことがなかったのですぐに申込みました。 子供に「旅行、何が楽しみ?」と聞いたら「頭を包帯でぐるぐるにした人とラクダ!」と答えるので「どこに行くつもり?」と聞いたら「サハラ砂漠!」と元気に答えてくれました。 
 そして当日・・・暴風雪警報発令中のお天気の中(わたしは雨女・・・) 分刻みのスケジュールにきりきりまいしながら何とかホテルに到着。 砂丘はホテルからゴンドラに乗って行きます。 暗くなる前に早く見に行かなくっちゃと
出かけたら、すでにものすごい風。 ゴンドラに乗せてくれるおじさんも「着いたらすぐに帰ってくるように! もうゴンドラは止めますから!」と叫びます。 
砂丘についても風で砂が痛い痛い痛い!いたるところに砂が侵入、頭の中までざりざり・・・写真を必死に入り口で撮って先に進むのは断念、砂丘よ、やはり値段の分しか見せてくれないのか・・・気を取り直して蟹食べ放題を堪能し就寝。 ところが夜中にものすごい雷が! 窓を開けて見るとすごい勢いで雪が降っています。 私の住んでいる瀬戸内側では雷は夏に「ごろごろごろごろ・・・どどーん・・・」という感じなのですが、山陰は違う! 前触れなく切り裂くように「ッシャーン!」という感じです。 よく天気予報で「山陰側は雷を伴って激しく雪がふるでしょう。」と言っているのがこれなんだ・・・すごい・・・スケールが違う、ものすごく感動・・・。これを体験できただけでも私にとっては良い旅だったと思えます。
 翌日バスが立ち寄った松葉蟹直売センターで聞いてみるとそういう雷を【雪おこし】と言って、それが鳴ると大雪がふるんだそうな。夜はそこで買って帰った活きた蟹をばりばりお刺身で食べました。 やっぱ蟹だよね!

 
All Rights Reserved, Copyright(C)ベッド・マットレス専門店 BED!BED!BED! 2004
Window close